就寝

昨日は百合の日だからってハメを外したら今日はずっと調子が悪かった。とっとと寝る。

数学読本

図書館で借りた松坂和夫の数学読本を読み始めたのだが、確かに記述は丁寧で、学校数学を学ぶならこれ以上の本はないだろうが、いくつもの数学入門書を著してきた著者が周到な準備をして、ここまで制約を無視して記述しているにもかかわらず、学校数学の不自然さが残ってしまっていて、皮肉にも学校数学の不自然さを浮かび上がらせてしまっている。高校生にとっては紛れも無い名著だろうが、社会人の再勉強に向いているかというと首を傾げざるを得ない。現代の数学の基礎中の基礎にあたる微分積分学線形代数学に繋ごうとするならもっと別のやり方がある。

百合談義その2

読んでみた作品にザッと感想をつけてみる。

 

やがて君になる

百合濃度はかなり低め。少女漫画チックではあるがあくまで普通の漫画に百合成分があるだけ。

 

あの娘にキスと白百合を

これも少女漫画風なだけで百合度はあまり無い。

 

CITRUS

百合姫の作品で良い評判しか聞かないがそこまでの作品かと言われるとうーんとなる。やや昔の百合姫っぽい雰囲気。まあ中里十が絶賛してるからそんなもんだよね。そんでアニメ化するんだってね。どうなるのかな。

 

 

ハッピーシュガーライフ

正直言って取り上げるべきなのか迷う作品。この関係を百合と取っていいのか迷ってる。しかし百合姫作品を除けばコンセプトは非常に秀逸だと判断したので取り上げた。一番期待してる作品。

 

エクレアにも言及しておこう。執筆陣も百合姫の常連を連れてきたり、少女漫画チックな漫画家を集めてはいるがコンセプトも構成もまだまだ百合姫には遠く及ばずという感じ。百合姫以外の雑誌が百合漫画に着手しても百合姫がいかに洗練されているのか思い知らされてしまう。ガレットも読んでみたのだがあまりにも低レベルでガッカリしてしまった。エクレアがまだマシだったと思えるレベル。

 

数学ガール

皆は数学ガールを読み過ぎ。あんなポエム以下の文章が挿入されてる数学の本なんて読めない。高木の解析概論や松坂の集合と位相に対して「あれで数学を勉強してる奴は温い」なんて言いだす奴がいる反面、あの本は全く批判しないんだな。あんな本を許容している内に「複素関数多様体の本も書いてください!」みたいなアホな注文を付けてくる奴が出てきたらどうするんだ。一見すると優れた数学啓蒙書兼数学読本を装っているこの本には寧ろ知的水準を下げる悪書という肩書きが相応しいのだ!

百合談義

ここのところの百合ブーム(そんなものが存在すると仮定すればですが)の盛況には目を見張るものがありますが、しかし作品をみてみるとやはり残念だなあと思わされます。ほぼ全ての作品が物語でいかに百合恋愛を描くか、という古典的な部分に終始しているものばかりだからです。そして百合姫を読んでみると、意外と百合恋愛を全面に出している作品はありません。つまり、これまで培ってきた百合恋愛メソッドを活かしていかに高度な物語を創作出来るのか、という領域に移行しているのです。具体例

たとえとどかぬ糸だとしても: 1 (百合姫コミックス) https://www.amazon.co.jp/dp/B071F78JSB/ref=cm_sw_r_cp_api_Y2FlzbBSY15KZ

掘り出しもの

遠山啓著の「微分積分 その思想と方法」「ベクトルと行列」が割と良い状態で手に入った。一冊目は1000円、二冊目は1500円だったかな。説明がくどいくらい丁寧なのはいつもの著者の本らしくて良いのだが、解答がないのがちょっと残念。まあ解答なんて確認のためにあるもので自分で解くのがあたりまえ、なんて言われるんだろうけど。同じ出版社から出てる同著者の初等整数論は解答もしっかりついていただけに期待してしまう。あとは理系の文章の書き方の本が欲しかったので買った。定番だと中公新書の理科系の作文技術とかがあるけど、最近の本が欲しかったので数学文章作法 推敲編を買った。基礎編は置いていなかったが近所の本屋に在庫があるのを確認済みなので明日買う。 

買い物

Citrus6巻をとらのあなで特装版をメロンブックスで通常版をそれぞれ買った。メロンでは特装版には限定カバーが付くのだが金銭を優先してしまった。そうそう百合姫も買った。読んでみたら山田あこ先生のちょこメイトが完結していた。単行本は出るらしいのでこれもまた楽しみだ。ツイッターの呟きによればまた連載をする予定もあるそうなのでじっくり待ちたい。あとはコミケのカタログはそもそも参加するのか迷っているのでまだ買っていない。正直参加するのは大変な労力と費用を要するので欲望が働かないならいくべきじゃないんだろうが、しかし趣味を失うというのは大きな損失じゃないか。ううむ