社会に出て働いて能力を認められて居場所を手に入れれば、itは消えるのかと思っていたが違った。むしろ社会に対する不満が大きくなっていった。何故か分からないがそうなった。障害者雇用で働いていた。1日4時間で時給は約800円。取り敢えず働いて金が貰えるだけで良かったと安心した。だが要求される仕事量は過酷だった。とても毎日こなせる気がしなかった。将来への不安も大きくなり心理的な負担が大きくなった。そして辞めた。一気に後ろ向き思考が強くなった。何にしても消極的になった。元からその傾向はあったがすっかり染まった。もう届かない

最近どう過ごしたかを書こうとしたら纏まらなかった。頭が働かない。寝る。

精神を病んでいるので勉強が出来ないつらい。回復を待つしか無い。何をして過ごすか。好きな画集でも眺めていようかね。

少し回復した、か?

低賃金過重労働から逃避して2ヶ月程経ち、まだまだ完治からは程遠いが、少しはマシになってきたような。一年位は回復にかかりそうだな…

ここにはなるべくtwitterに書いてもいいような些細な内容についても書くようにしている。何故ならtwitterの文字数が140字しかないのが問題なのではなく、140字という制限を意識しながら書くのが問題だから。どうしても舌足らずになりがちで、論理的思考力を働かせにくいわけ。

貯蓄どころか生活できるだけの賃金すら稼げていないという不安を抱えながら毎日しんどい仕事をやり終えた後、後は逃げ切るだけのジジイに仕事を「楽しんでやってる」または「好きでやってんだろ」とかつて言われたのだ!!!!日本などとっとと滅びれば良いのだ!!!!!!