ここにはなるべくtwitterに書いてもいいような些細な内容についても書くようにしている。何故ならtwitterの文字数が140字しかないのが問題なのではなく、140字という制限を意識しながら書くのが問題だから。どうしても舌足らずになりがちで、論理的思考力を働かせにくいわけ。