不信

虚数の情緒という本を立ち読みしたんですけどね、数学とか無関係な著者の教育論やら薀蓄やらが沢山書かれていてですね、僕は数学の勉強したくて開いたつもりだったんですけどね、これなら多少高い金払ってでも志賀浩二の数学が生まれる物語読みますね、何故かこの界隈ではよく勧められる数学読本よりは値段も分量も少ないしスムーズですしね。暗黒通信団の本を買いに行った時に同じ著者(数学読本の方)の解析入門が売られていたんですが、これも分量が多い。誰が買うんだ。学校の教科書の役に立たなさときたら、まあそれ以下の本も多いわけですがね。