掘り出しもの

遠山啓著の「微分積分 その思想と方法」「ベクトルと行列」が割と良い状態で手に入った。一冊目は1000円、二冊目は1500円だったかな。説明がくどいくらい丁寧なのはいつもの著者の本らしくて良いのだが、解答がないのがちょっと残念。まあ解答なんて確認のためにあるもので自分で解くのがあたりまえ、なんて言われるんだろうけど。同じ出版社から出てる同著者の初等整数論は解答もしっかりついていただけに期待してしまう。あとは理系の文章の書き方の本が欲しかったので買った。定番だと中公新書の理科系の作文技術とかがあるけど、最近の本が欲しかったので数学文章作法 推敲編を買った。基礎編は置いていなかったが近所の本屋に在庫があるのを確認済みなので明日買う。