百合談義その2

追記:あくまで百合作品としての評価であって作品そのものはとても楽しんで読ませて頂いています。念の為。

 

 

 読んでみた作品にザッと感想をつけてみる。

 

やがて君になる

百合濃度はかなり低め。少女漫画チックではあるがあくまで普通の漫画に百合成分があるだけ。

 

あの娘にキスと白百合を

これも少女漫画風なだけで百合度はあまり無い。

 

CITRUS

百合姫の作品で良い評判しか聞かないがそこまでの作品かと言われるとうーんとなる。やや昔の百合姫っぽい雰囲気。まあ中里十が絶賛してるからそんなもんだよね。そんでアニメ化するんだってね。どうなるのかな。

 

 

ハッピーシュガーライフ

正直言って取り上げるべきなのか迷う作品。この関係を百合と取っていいのか迷ってる。しかし百合姫作品を除けばコンセプトは非常に秀逸だと判断したので取り上げた。個人的には一番期待してる作品。百合漫画界のデスノートとして名作になってくれるとしたらそれはとっても嬉しいなって。

 

エクレアにも言及しておこう。執筆陣も百合姫の常連を連れてきたり、少女漫画チックな漫画家を集めてはいるがコンセプトも構成もまだまだ百合姫には遠く及ばずという感じ。百合姫以外の雑誌が百合漫画に着手しても百合姫がいかに洗練されているのか思い知らされてしまう。ガレットも読んでみたのだがあまりにも低レベルでガッカリしてしまった。エクレアがまだマシだったと思えるレベル。