数学読本

図書館で借りた松坂和夫の数学読本を読み始めたのだが、確かに記述は丁寧で、学校数学を学ぶならこれ以上の本はないだろうが、いくつもの数学入門書を著してきた著者が周到な準備をして、ここまで制約を無視して記述しているにもかかわらず、学校数学の不自然さが残ってしまっていて、皮肉にも学校数学の不自然さを浮かび上がらせてしまっている。高校生にとっては紛れも無い名著だろうが、社会人の再勉強に向いているかというと首を傾げざるを得ない。現代の数学の基礎中の基礎にあたる微分積分学線形代数学に繋ごうとするならもっと別のやり方がある。